a bucketful of pudding

オケいっぱいのプリン...
〜メキペキリスナー2人によるblog(仮)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 内容変更のおしらせ | main | 彼はメキリーダー? >>

手探りでオープン!

はい。お試し期間スタートです。私たちもですが、番組の方も手探りな感じが…。小島氏が「GAYAのままでも良かったんちゃう?という意見もありますが…」と言っておられましたが、“初々しい”という表現はあてはまらないものの、なんか新鮮でした。でも、“フレッシュ”ではないですよね(笑)今回はメールも来ていないことですし、各コーナーの紹介、という感じでしたが、さてさて、どうなることやら…。

<はりのつぼ>
・小林氏の行動に岡山氏 「あれ、いらんな」
・西野氏の暴言 「ぼくのコーナーなんで」
・新コーナーに小島氏 「とり終わったらディレクターと話すわ」


ピッピッピポーン!で聴こえてきたのは、聴きなれたあのメロディではなく、少し違和感を覚えました。そして、聴こえてきた声は「チョップリン小林です」今はもう終了したのですが、収録日は京都御所の一般公開の時期。なんと一人でレポートに行かれたのでした。小林氏、ちょっと怪しかったようで…。巡回中のパトカーが何度も通りかかったとか。小林氏、警戒された?で、小林氏の感想。「寒いんだ、これ」
スタジオでは3人でスタート。岡山氏「小林、走って帰ってくるんでしょ?」小島氏「あれ、いるの?」西野氏「試しためし行こうってことで」岡山氏「あれ、いらんな」
番組がGAYAからメキペキに変わったことで、リスナーも“GAYAっこ”から“メキっこ”に。“ペキっこ”でも“キペっこ”でもありません。
新番組スタートが最終回のあの瞬間まで内緒だったため、“私の涙をかえせ!”とのご意見も多かったとか。でも、メンバーも言いたくても言えず、お困りだったそうです。
ちなみに“メキペキ”とは、ディレクターさんのインコの名前だそうです。4人が番組名の候補をいくつも出したのに、全部却下されたということだそうです…。

<メキペキな瞬間!>
西野氏曰く「メキペキな瞬間につっこみを入れるコーナー」。もちろん西野氏がまわし役です。どうやらその頃に小林氏が到着の模様。小林氏「いじってくださいよ」
“メキペキな瞬間”とは喜怒哀楽を表すそうです。今回は西野氏がお手本を。
・爆笑した時のメキペキ:スタローンのおかんは占い師らしい
・会話中のメキペキ:知らない単語を言われて、そのまま流した瞬間
・オークションのメキペキ:“ノークレームノーリターン”を最大限利用した商品が届いた時
・美容室でのメキペキ:セットしてもらったものの家に帰ってすぐに洗っている自分
・試着室でのメキペキ:明らかに似合ってないのに、店員にカーテンを開けられかけた時
GAYAっこからご質問のメールが。「オカコバリングでのポイントは継続できないんですか?」西野氏のご返答は?「できません。リセットです。」岡山氏「えーっ!」西野氏「ぼくのコーナーなんで」メキペキはチョップリンが前に?小島氏「なすなかの時にも感じたぞ」事務所的な力?岡山氏「踏み台にせぇ、おれらを」

<トークでボーンのコーナー>
…コーナー名に自信ありません。というのも、叫ばれたのは「トークでブーン!」。どうやら小林氏のつぶやきのせいらしいのですが、結局どっち?
このコーナーは、メールで選ばれたお題でトークをし、制限時間内で誰がオチを決めるのかを競うものだそうです。オチの当人よりもトスをあげる人が大変?
今回のテーマは「ものまね」。西野氏は「細かすぎて伝わらないものまね」にも出演。テニス選手のものまねはラジオでは伝わりません。岡山氏が現在練習中。小林氏は“カゼッタ岡”しかできないとのこと。小島氏は「できへん…」西野氏「ホストのものまねは?」岡山氏「クローバーの店長のものまねやって」ここでカウントが。5…4…3…2…小島氏「できひん」…ドーン!
カウントダウンは思った以上にあせるそうです。次回からはドーン!の後にトークはない、とのこと。つまり言い訳タイムなしです。小島氏「岡山くんはええトスあげたのになぁ…アタッカーが悪かった」

エンディングでは、小林氏の1分間リポートの今後が。行く先は小林氏がお決めになるとのこと。小林氏「行ってほしいとこ、あります?」岡山氏「宮崎、行ってこい」1分のためにいくの?小島氏「1分だけなん?」小林氏「1分です」


<感想文>
いやぁ、新鮮でしたね。小林氏のリポートがどうなるのかも楽しみですが、トークでボーンがどうなるのかも楽しみ。言い訳タイムは必要ですね…むしろ言い訳の方がおもしろいかも(笑)きれいにオチを決められることはあるのか否か?

メキペキ日誌 | permalink | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

初メキペキ日誌、おつかれさまでした。メキペキの意味はわからないままですが、慣れた4人だからこそできるトークコーナーも楽しみですね。
西野氏の回しも気になりますが、小島氏のクローバー話も気になりますね。まさか、クローバー話が後を引いているとは…。
さくら | 2007/04/10 10:02 PM
クローバー話はレギュラー化するのでしょうか?いい宣伝ですよね…影の番組スポンサーになってくれたらいいのに(^^;

小林氏のリポートも続くんでしょうかねぇ?まだ第1回だから、謎だらけですね。GAYAのように大きく育つといいですね(^^)いや、メキっこ(…まだ慣れてない)の皆さんで立派に育ててさしあげないと。まずは、小林氏のリポート技術?
はり | 2007/04/12 8:18 PM
コメントする